• kyoureha

HALの講習を受けてきました

昨日は、つくばにあるCYBERDYNE STUDIOに行き、HALの講習を受けてきました。


HAL® THERAPY(セラピー)とは、脊髄損傷や脳卒中を含む脳・神経・筋疾患の患者に対する、ロボットスーツHAL®を用いた機能改善治療を行う医療サービスです。(CYBERDYNE HPより引用)


人が身体を動かそうとしたときに、皮膚表面に生体電位信号が生じます。その信号を拾いロボットにより動作補助を行うというものです。


最近は歩行ロボットだけでなく、単関節(肘関節やひざ関節など)に対応した製品が作られているとのことで、安全使用の講習を受けてきました。


まず、スタジオがイーアスつくばというショッピングもセンターの中にあるという事に驚きました。スタジオ内では、ロボットなどの展示場所とHALを用いたリハビリ訓練施設がありました。


実際に講習を受けて感じたことは、モードやアシストレベル、トルク力など設定が広く可能なため、様々なレベルの方に対応できる機械だと感じました。


高価で誰もが利用できるものではないかもしれませんが、先端技術を知り活用方法を模索することは療法士にとって必要な姿勢ではないかと思います。


興味がある方は調べてみてください。

                                     中嶋






#脳卒中

#神経リハビリ

#ミラーセラピー

#協創リハビリ

#上肢


20回の閲覧0件のコメント