チーム医療とは

厚生労働省によると、チーム医療とは、

「医療に従事する多種多様な医療スタッフが、各々の高い専門性を前提 に、目的と 情報を共有し、業務を分担しつつも互いに連携・補完し合い、患者の状況に的確に 対応した医療を提供すること」です。

医療従事者が患者・家族と関わる際大事にしている言葉としてQOLというものがあります。

QOLとは”Quolity Of Life”の略で”生活の質”という意味です。医療の一つのゴールとして、

このQOLを高めることが挙げられます。すなわち、障害を負った後でもいかに生活の質を維持・向上 させられるかを重要視しています。

QOL向上を実現させるためには、関わる医療職種すべてがチームとなり連携を取りながら

治療やケアを行うことが必要です。

 

そして、もちろん医療従事者だけでなく患者・家族もチームの一員となることで、より質の高い

治療やケアを実現できると考えます。

脳卒中等にならない環境、なっても頑張れる環境を目指して
一般社団法人 協創リハビリテーションを考える会

© 2020 一般社団法人 協創リハビリテーションを考える会  All Right Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now