Question

肘を伸ばそうとすると、抵抗感が強くうまく伸ばせません。どのようにしたら良いですか?

​片麻痺で肘が曲がりやすいのですが、伸ばそうとしても抵抗感が強くうまく伸ばすことが出来ません。何か良い方法はありますか?

Answer

肘は運動麻痺後に生じる痙縮の影響を受けやすく、歩行や動作に伴って肘が曲がりやすくなります。

その状態を少しでも防ぐ為に行ってほしいセルフケア方法をお伝えします。

【具体的方法】 

・掌を上に向けたまま肘を伸ばすと抵抗感を強く感じると思います。その為、まずは非麻痺側で掌を下に向け、その状態のまま肘を

 伸ばしていきます。

・肘が伸びたら、その後掌を上に向けて、手首を背屈させます。そうすることで、より肘の屈筋群(上腕二頭筋、上腕筋)が

 伸ばされます

​・手首を背屈させつつ、指も伸展させていくとより肘から手首にかけて伸ばされる感覚があります(ここまで自分で出来る方は)。

脳卒中等にならない環境、なっても頑張れる環境を目指して
一般社団法人 協創リハビリテーションを考える会

© 2020 一般社団法人 協創リハビリテーションを考える会  All Right Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now