医師や療法士は症状を判断する際に様々な検査を行い、治療に入る前に「評価」という
過程を踏みます。
当事者の方々も入院中あるいは外来のリハビリなどで、様々な検査をされた記憶はあっても、実際に何の目的で行われていたのか、どの検査でどのような評価を得たのかを理解している方はそう多くないと思います。
評価方法を知り共通認識になることが、リハビリへの理解や相互納得したリハビリテーションに繋がると考えます​
運動麻痺のテスト