• kyoureha

日本100歳以上 長寿者が初の7万人超え

最終更新: 2019年9月26日

厚生労働省が発表した高齢者調査で、100歳以上の人は7万1238人になったことが分かりました。平成の30年間で23倍に増え、長寿の高齢者は加速度的に増えているようです。

人口10万人当たりの100歳以上の高齢者の割合を都道府県別に見ると、1位の高知県(101.42人)2位鹿児島県(100.87人)3位島根県(99.85人)など、中四国や九州の地域が高くなっています。

長寿化は社会保障における働き手世代の負担増にも影響します。より高い機能回復、効率的効果的なリハビリテーションは、ますます重要になってくるのではないでしょうか。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177628_00003.html




17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
脳卒中等にならない環境、なっても頑張れる環境を目指して
一般社団法人 協創リハビリテーションを考える会

© 2020 一般社団法人 協創リハビリテーションを考える会  All Right Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now