• kyoureha

「スマート治療室」が稼働 東京女子医科大学、デンソー、日立製作所など

東京女子医科大学やデンソー、日立製作所などは東京女子医科大学に「スマート治療室」を設置したことを発表しています。。

スマート治療室は、IoT(インターネット・オブ・シングズ)を活用して各医療機器を連携させ、患者の生体情報などを統合的に表示させたり、保存できるようにています。5大学と11社が参加するプロジェクトによってによって実現しました。リハビリ分野においても同様の仕組みの応用、開発、普及が望まれているところです。


https://www.innervision.co.jp/report/usual/20190503






14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
脳卒中等にならない環境、なっても頑張れる環境を目指して
一般社団法人 協創リハビリテーションを考える会

© 2020 一般社団法人 協創リハビリテーションを考える会  All Right Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now